沖縄 沖縄県

変化する沖縄だからこそ、ヴィンテージを大事に

平成29年の沖縄の観光客数は939万人を超え、過去最高を記録しました。外国人観光客も254万人を記録し、リゾートホテルや大型モールなどの大規模開発が進み、街並みも変わりつつあります。 観光客だけでなく人口増加も進み、近年では日本国内からだけでなく、海外からの移住者も増えてきています。

そんな変化に応えるべく、新しくマンションやホテル、商業施設が建築されていますが、その一方で古くなった建物は空き家となり、空室に困っているオーナーも少なくありません。

沖縄というと古民家をイメージされる方も多いと思いますが、アメリカの影響でいち早くコンクリート住宅が一般普及した沖縄ならではのコンクリートブロック造の住宅など、本土にはない魅力ある建物が数多くあります。

しかし、沖縄は亜熱帯気候特有の湿気、台風の影響に加えて、潮風や強い紫外線にさらされた建物は、他地方に比べて劣化も早く、手を付けられないほどになってしまうものもあります。

カリアゲ沖縄は、変化し続ける地域の中に埋もれているそんな空き家たちを救い出し、「ヴィンテージ」として再生して、地域で光る場所に変えていきます。

沖縄

沖縄の空き家活用事例

活用事例はありません。

カリアゲパートナー

沖縄エリアを担当するパートナー事業者です。
空き家オーナーから空き家を現状のまま借り上げ、自ら投資し、運用目的に応じて改修、6年間運用いたします。
提供サービスにつきましては各事業者のページをご覧ください。

沖縄の空き家情報

現在募集中の物件はありません。

沖縄の最新情報