FILE001 中野新橋の家

築50年越えの長屋をカリアゲ

2016.07.31

東京メトロ丸の内線・中野新橋駅から徒歩3分ほどにある三軒長屋のうち一軒の「カリアゲ」事例。

RC造一部木造で築年数は約50年。一階と二階で住戸が分かれ、もともと賃貸住宅として使われていました。将来の売却も視野に入れこの建物を購入したオーナーは、数年空室が続き、内装の傷みも激しかったこの建物の当面の運用方法を検討。リノベーション会社であるルーヴィスが一棟丸ごと「カリアゲ」して、全面リノベーションを施し再生。オーナーとサブリース契約も交わし、賃貸住宅として貸し出しています。

2階部分は昔の入居者のゴミで溢れており、そのまま放置されていた状態。残置物の処理を行い、痛みが激しかった配管も交換しました。間取りはもともとの構成を生かしつつ、部屋を仕切っていた引き戸をなくすなどして一新。内装はほとんどをやりかえました。

所在地:東京都中野区弥生町2丁目
建物構造:RC造+一部木造
建物規模:2階建(2戸)
借主:株式会社ルーヴィス
企画:株式会社ルーヴィス
設計:株式会社ルーヴィス
施工:株式会社ルーヴィス 施工管理/鈴木沙祐里
(撮影:Akira Nakamura)

BEFORE

AFTER

空き家について相談したい

「実家が空き家になった」「空き家を売るかどうか迷っている」など、
空き家活用にお悩みの方、お気軽にご相談ください。

関連記事