首都圏 東京都

進化を続ける都市と暮らしに空き家をマッチング

日々新しいものが生まれ、膨大な情報が集まり、変わり続けていく場所。人口減少が叫ばれる中、東京の人口は変わらず増え続け、開発が次々と進んでいます。

そうした街に暮らすことを望むのは、地方から上京してきた人たちだけではありません。首都圏に生まれ育った人も、より至便で新しい住処を求めてきました。より生きやすい場所を求める。それは人のあるべき形であり、望ましいことです。でも、同時に現れてきたのは、そうした変化に取り残された街や家の姿でした。

開発された街の周辺地域は活気を失い、郊外の住宅街は高齢者ばかりとなり、「駅から遠い」「老朽化」「広すぎる」など、さまざまな理由で取り残されていく家々。東京の中心地が発展する一方で、空き家はどんどん増え続けています。

しかし、さまざまな働き方や暮らし方が広がる今、「新しい」「駅に近い」だけが不動産の価値だと思わない、多様な価値観を持つ人たちも増えています。そうした人たちが集まるのもまた、首都圏だからこそ。私たちカリアゲ首都圏はそこに、空き家活用のヒントが多く潜んでいると考えています。

取り残された都市の風景を、これからの時代を生きる人たちの暮らしの風景とするために。私たちカリアゲ首都圏は、都市のニーズと空き家のマッチングを提案していきます。

首都圏

首都圏の空き家活用事例

カリアゲパートナー

首都圏エリアを担当するパートナー事業者です。
空き家オーナーから空き家を現状のまま借り上げ、自ら投資し、運用目的に応じて改修、6年間運用いたします。
提供サービスにつきましては各事業者のページをご覧ください。

首都圏の空き家情報

首都圏の最新情報